大橋あみなのアクセス・コンシャスネスな日々です


日出ずる国 by シャノン・オハラ


日本は古くからの伝統が多く残っている地です。
このような伝統あるところで大きな変化が期待できることは2倍感謝しなくてはいけません。
生まれ育ってきた習慣や伝統に従うよりも、変わることを求めているならば、それは可能なことです。

習慣や伝統による束縛や重圧のなかで、どのようにしたら自分の本当のあるべき存在・ビーイングを見い出していけるでしょう? 少なくともハッピーになれる?
これはもちろん伝統も文化も関係なく誰もが探し求めているものです。

今の地球の人々の人生には、それぞれ違った存在として個々のエンパワーメントがもたらされてはいません。
けれどもわたしたちは、一人ひとりが全く異なり、本来は喜びとピースと安らぎを吸収することができるのです。
アクセスコンシャスネスのツールを使い始めるまでは、わたしには喜びとピースと安らぎの可能性が現実的なことではありませんでした。

ビーイングはハッピーでいるべきなのに、この現実ではそうさせないものがとても多いのです。

わたし達があなたは間違っていると言われたとき、苦しむのはビーイングです。
ビーイングに間違いなんてある? ジャッジはビーイングに反するものです。
ビーイングは気づき、知っていること、ありのままの存在、受け入れることをしていきます。

この現実では、多くがわたし達の自然な状態であるビーイングに反しています。
ビーイングのもともと持っている魅力的な要素は失われています。

過去の人生からも、間違いだとジャッジされてきたもので覆われているのです。
たくさんの人が自分を見失い病んでいるのも無理もないことです。

もし、変わることへの鍵が正しい答えを探すことではなく本来のあなたにアクセスすることだったとしたら?

自分を誰か・何かにするのではなく、あなたでいること。
自分自身にとって本当のことを問いかけていますか?
それともいつも正しくあろうとしていますか? 間違わないように。
もし、人生が間違っているとか正しいを見極めることではなく、何のためのものか自分の深いところを知ることだとしたら?

他人がどう自分を見ているかを知ることではなく、本当の自分になることを誰かに許可してもらうのでもなく。
人生を変えるために、自分以外の周りから何かを探し求めるのではなく。
想像できますか、人生の選択をすべきときに、何を選べばうまくいく人生を創造していけるかをあなたが知っているとしたら?

そして、どんな選択をすれば将来を創っていけるかも知っていたら。
もし、誰に何と言われようとも自分にとっての最適なものを選べることを知っているとしたら?
それが独りよがりでもかたくななものでもなく、自分が知っている深いところからだとしたら?
自分の知っていることには何の疑いも持たずにいれたら。
今のあなたの人生とは変わったものにはなりませんか?

わたしと一緒に東京で、コンシャスネスの世界へ大きく飛び込んでみませんか?
ただあなたの苦悩が終わることではなく、本当の人生を創っていくためです。
可能だとは知っていたのに、自分で持てるとは信じられなかった人生。
それは可能なのです。あなたに選んでもらうことを待っています。

あなたの人生の変えて、その道をたやすくしていくためのツールやプロセスを共有させてください。



明日、失敗する前にそれを消滅させませんか?







↑ TOP へ