大橋あみなのアクセス・コンシャスネスな日々です


お金は問題ではない?批判・判断を取りはらおう by Dr.デーン・ヒア


アクセスコンシャスネスお金

今のあなたのお金の状況がどうであれ、お金が問題なのではありません。
現在、どんなに少しのお金しか持ってないとしても、お金の問題を抱えているわけではありません。

このことはあなたのお金に対する認識を揺さぶるかもしれません。揺さぶるどころか、大揺れを招くかもしれませんよ!
あくせく働いて、数々の支払いに追われていると、お金はあたかも"問題"のように思えてきます。ただの問題どころか、大問題!最大の問題として!

僕の友人である アクセス・コンシャスネス の創始者、ギャリー・ダグラスから教えてもらったことは、「お金の問題なんてことはない、迎え入れること(receiving)に問題があるか、迎え入れようとしていないだけだ」

もし、あなたが現在のお金の状況を変えたい、富と豊かさを築きたいと思うなら、あなたの迎え入れる能力を高めなければ?

迎え入れる(Receiving)って?
ほとんどの人が何かを迎え入れることは、それを中に入れ取り込むことだと考えているようです。
ですが、迎え入れることとはそうではありません。
取り込まず、ただスルー(through=通り抜けて)させます。
絶対的なものとしてとらえずに、ただスルーさせます。

たとえば、あなたが誰かに実に素晴しいと褒められたとします。
あなたはその賞賛と、そのエナジーに気づきを得ましょう。
そしてそのエナジーをあなたからスルーさせます。
そのことに何の観点も持たないようにしましょう。
それが本物で絶対なものとは捉えないことです。
賛成したり肩をもったりしません。反対したり反応したりもしないことです。
そこに観点を持たずにスルーさせるだけです。

すべてはエナジーなのです。
誰かがあなたをほめた時のエナジーとあなたをけなしたした時のエナジーの違いは、ただあなたの判断によるものです。
ほめられる事がいいことで、けなされる事は悪いことという判断です。
そういった思い込みと判断を取り除いたとき、エナジーはただのエナジーでしかないのです。

批判・判断を取りはらいましょう。
欲しいだけのお金を手にすること、迎え入れることを妨げている最大のものは、わたしたちの批判・判断なのです。
いい、悪い、正しい、間違い、そういった判断のすべてがわたしたちを妨げているのです。
そして、お金の流れを妨げてしまいます。

この、いい、悪い、正しい、間違い、といった観点も子供たちにとって絶対ではないということに気づいていますか?
子供たちは、いい、悪いという観点を持っていないのです。
彼らはただ選ぶのです。10秒後には、また別のものを選びます。
判断ではなく選択で生きているのです。

今の大人もみんながこうでした。
大きくなるにつれ、身を守るためには批判・判断をしていかなければならないという観点を植えつけられていきます。
しかし、これは本当のことではありません。
必要なのはアウェアネスであって、批判・判断ではないのです。
なのに親の真似をするよう、彼らの観点を引き継がされ、批判・判断をしていくようになるのです。

あなたが批判・判断を持つたびに、自分の周りにレンガで囲いをつくり、迎え入れることをできなくさせるようなものです。

みなさん、批判・判断を取り払いたくはないですか?レンガの囲いを壊したくはないですか?

もし、すべてが一つの面白い観点だとしたら?
誰がにほめられた…面白い観点。誰かにいやみを言われた…面白い観点。
そうやって、すべてを一つの観点だとしていくことで、批判・判断をスルーさせることができます。

あなたに迎え入れるスペースとエナジーができてきます。
子供のころそうだったようにまたなれるのです。
何の観点も持たずにすべてを迎え入れることができれば、お金は増えていき、喜びも増し、すべてが楽になってきます。

どうですか?
批判・判断を取り払いたくはないですか?
人生を選択で生きてみたくはないですか?
すべてを迎え入れたくないですか?



バーバルプロセス







↑ TOP へ