大橋あみなのアクセス・コンシャスネスな日々です


今に生きていますか? by ケリー・パーセル


あなたは "今に生きる" というフレーズを聞いたことがありますよね?
よく聞くものですが、これで本当にその瞬間に生きることができるものでしょうか?
あなたが無限の存在だとしたら、その瞬間しか生きれないもの? 

あなたの身体から抜け出して、もっと遠くまで広がってみてください。
あなたという存在と身体にもっともっとスペースを広げてみてください。 その瞬間だけとはどんな感じがしますか?

なんだか、固まって、詰まっていて遅い感じがしませんか。
そこで止まってしまい、意味合いを見出そうとしたり、自分で何かを結論づけたり。
Arrrg!!!

 

コンシャスネスはその"今の瞬間" よりももっとずっと速いものなのです。
もし、あなたがその今を越えたところで生きれるとしたら?
モレキュルスのスペースになる(Being the space of the molecules )ということは未来をも含んでいるのです。

決まった未来のことを言っているのではありません。
未来というのは限りない可能性と広がりを持っています。
それはどんなものでしょう?

未来とは数え切れないほどの選択があるのです。
生きるということは前に進んでいくことなのです。

"その瞬間"の花や草をよく見てみましょう…よく目を凝らしてみてください。
その美しさは、その瞬間だけのものですか?
今度、花を見たときや自然にふれたときには、ありがたい恵みを感じ取るようにしてみてください。

その感じ取ったもので、身体の中で何かしらの変化に気づくことができるでしょう。
エナジーが動いた? くるくる渦巻いたり、上がったり下がったり、膨れ上がったりしぼんだり、リズムが…?
地球の鼓動が感じれれば、そのエナジーで自然と問いかけが生まれてくるものです。

自分の人生を創っていくことが、この自然の恵みを受け入れるようなものだと考えられませんか?
今に生きる、すべての存在するものとともに…まだそれを選んでいない?
今に生きるというのは本当に生きるということ?

あなたがどんな事でもすべて受け入れられるなら、将来はあなたとともにそこにあるのです。
そこであなたが選ぶことを待っています。

この地球で、今ここに存在するものを越えたところではたっぷりの豊かさが手に入れられるのです。

And I am grateful for the willingness and courage to step into a future that we have to create; that won’t be created unless we choose it and unless we demand it.



もし、身体に起こっていることが、ただ一つの興味深い…







↑ TOP へ